背景画像

器材オーバーホール

ダイビング機材のメンテは万全ですか?

ダイビングライフを安全に楽しむ為にも、大事な器材を長持ちさせる為にもメンテナンスはしっかりと☆

皆さんのダイビング器材はベストの状態ですか?!

レギュレーターやゲージなどのダイビング重器材は、その性能の維持とダイビング中のトラブルを未然に防ぐために毎年のオーバーホールが大切になります。

例えば、BCDの吸気ボタンの塩がみが原因で急浮上とか、ゲージジョイント部からのエアー漏れでエア消費量の増加などの危険を回避し安全に潜る為にも、またパッと見て外観からは気が付かなくても、金属部分は錆などの腐食が発生していたり、Oリングなどの内部パーツの劣化を防止する為にもやはりオーバーホールは不可欠です。?

大切な器材だからこそ、オーバーホール(メンテナンス)をして器材のコンディションを最適に保ちましょう!

 

ミスオーシャンではではSプロ、マレス、アクアラング、TUSAなど各社メーカーを取り扱ってますので安心してお任せ下さい。もう何年も押入れで眠ったままという器材でもオーバーホールをすることで現役バリバリに!!

快適なダイビングはまず器材から!!

工賃基本料金について
オーバーホール料金=基本工賃料金+パーツ代+送料(キャンペーン中無料)

 ◆オーバーホール 基本工賃料金 例◆

 

■ Aセット(レギュレーター(1st&2nd)+オクトパス+ゲージリークテスト+BCD)

¥15,300-(税込)

⇒キャンペーン中につき送料代無料

■ Bセット((レギュレーター(1st&2nd)+オクトパス+ゲージリークテスト)

¥12,500-(税込)

⇒キャンペーン中につき送料代無料

■ Cセット(レギュレーター(1st&2nd)

¥7,250-(税込)

⇒キャンペーン中につき送料代無料

■ H.U.Bセット(レギュレーター (1st,2nd)+オクトパス+エアトリム)

¥13,600-(税込)

⇒キャンペーン中につき送料代無料

 単品価格
オクトパス ¥3,200-
ダイブコンピューター電池交換 ¥6,300-
BCD(AIR2タイプ) ¥6,200-
ゲージジョイント ¥2,650-
BCD点検・バルブO/H ¥4,100-

+パーツ代がかかります。

※その他のパターンに可能な限りも対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

◆オーバーホールの工程◆

STEP1.状態チェック
お預かりした状態での、レギュレータ1stの中圧、2ndの初期抵抗値、各部品の欠損部、各部のエアー漏れなどをチェックします。
STEP2.分解
レギュレータ1stから2nd、オクトパス、ゲージの各ホースを取り外し、全てを分解します。
STEP3.洗浄
特殊溶液と超音波洗浄機にて洗浄します。
ブラッシングと電動工具での手作業でのバフがけを行い細部まで丁寧に綺麗にします。
STEP4.乾燥
超音波洗浄、ブラッシング、洗浄液を用いた洗浄後、十分に乾燥させます。
STEP5.組み立て
傷や劣化して使用できないパーツやメーカー指定の交換パーツ(Oリンクやシートなど)を交換し各パーツを組み立てます。
STEP6.調整チェック
レギュレータ1stの中圧、2ndの初期抵抗値をメーカー規定値に調整します。
STEP7.仕上げ、最終チェック
エアー漏れ、ホースネジゆるみなど最終チェックを行い丁寧に梱包し、「オーバーホール仕上がり」の連絡をします。その後、お客様へお渡しします。

◆お申し込みから受け取りまでの流れ◆

1.器材状態等のお問い合わせ
器材の状態、前回のOH日、ご希望、納期をお知らせ下さい
2.概算での見積案内
実際の値段と異なる場合があります
3.器材郵送
送料はお客様負担 ※ワランティーカード等保証登録カードを所有の場合一緒にお送り下さい
4.オーバーホール・修理・調整
約2週間ほどかかります。
5.終了 案内
メールにて状態と料金をご案内します。
6.振込みor来店時にお支払い
※振込みの場合は、指定の口座へご入金していただき、その後メール又は電話にてご連絡下さい
7.発送、お手元へ
振込み確認後、お預かりor郵送致します
※郵送の場合、送料はお客様負担

◆取り扱いメーカー◆

・日本アクアラング   ・スキューバプロ   ・マレス   ・TUSA ・アポロ
・クレッシーサブ ・オーシャニック ・フューズ ・シャーウッド   ・SAS

・ダコー   ・B-ism   ・NDS